HIGHER GROUND und こいぬミキサー

アクセスカウンタ

zoom RSS ビギニングアイドル遊んだよ!

<<   作成日時 : 2015/08/06 12:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

コミケの宣伝以外で久しぶりにブログ更新。
先週末に新作TRPG「ビギニングアイドル」をプレイヤーで遊んできたのですが、あまりにもあまりにもだったので、感想を書かずにはいられなかったのです。

 ちなみに、これから書く内容は全て文句と問題点なので、ビギニングアイドルを楽しみにしている人orすでに楽しんでいる人は読まないほうがいいです。
サンプルシナリオのネタバレも含んでいるので、サンプルシナリオを遊ぶ予定の人も読まない方が良いかもしれません

なお、書いている人間は、アケマスはやっていて、デレマスやラブライブのアニメを楽しんでいることをお伝えしておきます。








感想を読む前に、以下の事を踏まえておいてください。

・筆者はプレイヤーとして参加。ルールブック未読。サイコロフィクションの経験はマギカロギアでGM、艦これでGM、PL経験有
・GMは艦これRPGの経験はあるが、他のサイコロフィクションの経験は無い。ルールブックは必要最低限読んだ程度。

なので、ルールの見落とし等による間違いがあるかもしれませんが、その場合は申し訳ありません。先に謝っておきます。

感想を書いていきたいのですが、その前に、ビギニングアイドルとはどういうゲームか?というのをルールブックの表紙のイメージ、公式サイトの情報などから、私が見聞き、感じた物をまとめると、
「プレイヤー達は駆け出しのアイドルとなり、仕事やライブをこなし、トップアイドルを目指すゲーム」
というものなのですが、多分公式のゲーム紹介などから、そんなに外れていないと思います。

で、実際に遊んだ感想なんですが、キャラメイクから順に書いて行きましょう。

キャラクターはダイスを振ってランダムに作ったので、あまりキャラメイクについては問題ないように感じましたが、身長や出身地まで特技(他のゲームだと技能と呼ばれる、判定に使用する能力)になっているので、キャラクターのイメージとゲームの有利不利を考えると、少しキャラメイクが長くなるかな、と思いました。


キャラメイクが終わると、プレイヤー達のユニット名をつけられるらしいのですが、つけなくてもいいみたいです。
けれど、この流れを見るとプレイヤー達は一つのユニットとして活動していくと思いますよね。普通。


さて、諸々の処理が終わるとシナリオ開始なのですが、ここから不満や問題点が噴出していきます。
問題点を理解するには、シナリオの流れを把握する必要があるので、以下に書いておきます。

オープニング…ここで今回のシナリオクリアに必要な獲得ファン数、シナリオのキーパーソンが発表される
  ↓
ドラマフェイズ…ここで仕事、オフ、特訓のいずれかを行う。これを2サイクル(各プレイヤーが2手番行う)
  ↓
キーパーソンフェイズ(仮)…本来はどういうのか忘れました。キーパーソンの説得などを行う。ライブフェイズ時に成功なら有利、
  ↓          失敗なら不利になる。
ライブフェイズ…ライブを行う。シナリオによってはライブに限らない。ファンを稼ぐフェイズ
  ↓
リザルト…目標ファン数を超えることが出来たかどうかを確認する。その他の諸々の終了処理をする


オープニング、ここでPC全員が獲得するファン数が発表されます。合計値であり、PC個人が獲得すべきファン数ではない事に注意。

ドラマフェイズでは、まず他のPCを一人選び、ダイスを振って仕事表の結果を見ます。
これを見て仕事なら、その仕事をこなすか、特訓するか、休むかを選ぶことが出来ますが、仕事以外を選ぶと2d6、メンタルポイントが減ります。
オフの結果が出ると、特訓するか、休むかを選ぶことが出来ます。この場合はメンタルポイントは減りません。
仕事はその判定に成功するとファン数が4d6増えます
特訓すると能力値を上げるか、アイドルスキルをランダムで獲得することが出来ます。
休むと思い出が手に入ります。思い出はライブフェイズで使うことができ、出目を好きな目にすることが出来ます。
判定に成功使用が失敗しようが、選ばれたPCが自分への理解度を上げるか、自分が他PCへの理解度を上げるかを選ぶことが出来ます。
理解度は以下に書く「シンフォニー」に関係します。


キーパーソンフェイズは前提条件をクリアしたPCのみ参加できます。(サンプルシナリオだとフィジカルが3以上)
参加できるプレイヤーを確認した後、指定されている能力値分のダイスを振り、判定します(サンプルシナリオだとフィジカル)
この判定方法が特殊で、同じ目のダイスは除外されます。(6,3,3の目が出た場合、3は取り除かれ、6が達成値になる)
全て同じで目の場合、すべてのダイスが除外され、達成値は10になります。
出目が1,2,3,4,5,6となると、達成値は30になります。
同じ目が無い場合は、そのまま出目を合計し、それが達成値になります。
これに加え、他PCが手伝う「シンフォニー」というものもあり、相手への理解度分ダイスを振り、先程の判定と同じ処理をします。
ダイスをすべて除外すると特別な達成値になるのですが、ここでは割愛します。

ライブフェイズは、S→演目1→演目2→幕間→演目3→演目4→E、という風に流れて行きます。(演目の数は変わる場合あり)
SとEは全員出演、各演目に関しては代表PCが出演し、判定します。
出演すると前半はメンタルポイントが2d6キーパーソンフェイズで説明した判定をしていき、達成値が獲得ファン数になります。

ライブが終わるとリザルトフェイズに入り、シナリオが達成できたか、ボーナスファン数などの処理をします。


長々と書いてきましたが、ここから不満点です。
ドラマフェイズでは、他のPC一人を選んで仕事を手伝ってもらうことが出来るのですが、手伝うかどうかの意思決定は選ばれたPCがするのですが、手伝ってもらった結果、増える達成値は自分のキャラクターシートに書かれている協調値なのです。
基本的にシナリオはPC達全員で獲得ファン数を達成しないといけないので、手伝うかどうかの意思決定など意味がないのです。
わざわざ自分たちの不利になることなんかしないでしょう?
それにより、すべてが自分のキャラクターシートで完結するので、手伝うことを聞くかどうかは形骸化します。
毎度毎度、手伝ってくださいみたいなロールプレイをするかって話です。

で、仕事で増えるファン数が4d6。これもアホかと。
サンプルシナリオの目的ファン数は100人です。
4d6の期待値は14。PCが4人で全員仕事すると56です。2サイクルなので56×2=112人。
シナリオ達成です。
あとは消化試合。ライブフェイズで全て失敗しても問題ありません。
じゃあ、目的ファン数を増やせばいいじゃん、と思うかもしれませんが、ダイス目に大きく左右されるゲームなので下手に増やすと達成できなくなります。仕事表の結果でオフが出ると仕事できませんからね。
そういう意味では、ライブフェイズはセーフティネットでしかなく、いわゆるクライマックスフェイズのような盛り上がる所ではありません。死ねばいいのに。
シナリオのクリア条件をファン数にした時点で馬鹿だと思います。

じゃあ、シナリオ達成は簡単なら特訓とかすればいいじゃんと、思うかもしれませんね?
でも、オフ以外でやるとメンタルポイントが2d6減るんですね。ちなみに、シナリオ開始時のメンタルは15から25ぐらいです。
シナリオ中に回復することはほぼありません。
つまり、無理に特訓なんかして6ゾロなんか出すとライブフェイズ中ほぼ無力です。なのでお勧めできません。
私自身がメンタルポイントの最大値が20で6ゾロを出し、ライブフェイズのSの時点でメンタルポイント0になりました。
けれど、ライブフェイズ中、演目に出演しなかったPCは1d6、メンタルポイントが回復します!
さらに、幕間で1d6回復!さらにさらに、プロデューサー能力でランダムで選ばれた特技に成功すると6点回復します!

……回復の出目が振るわず、判定に失敗して幕間終了時点で8点ぐらいしかメンタルポイントがありませんでしたが、何か?
以後、Eまで寝て過ごしました。
私自身は覚悟完了してるプレイヤーなので別にそれでもいいのですが、アイドルものやりたい!ぐらいの生半可な覚悟のプレイヤーはふてたりするかもね。

キーパーソンもGMが特に設定しないと、PC達と絡むことはありません。マギカロギアの様にNPCの情報シートなど無いからです。
幾らキーパーソンが特殊な事情を抱えていても、PC達は黙々と仕事をこなすだけです。ドラマフェイズで絡むことは0です。
キーパーソンフェイズまで来て、判定する際にキャラロールをするかどうかぐらいです。
それですらライブフェイズでの有利不利が決まるぐらいなので、状況によっては無視しても構わないという。
知能の存在を疑うわ。

ライブフェイズもライブフェイズで演目に出るPCは一人なので、全員で何かをしている感が薄い。シンフォニーがあるけど、それでダイスを振ったからといって、参加している感じは無い。
しかも、目的がファン獲得のためだけで、相手がいて競い合うわけでもないので全く盛り上がらない。
このフェイズの存在価値が分からない。

リザルトのボーナスで獲得できるファン数のやり方も理解できない。
ファンブルを一番多く出した人、スペシャルを一番出した人にボーナスをあげるのはわかる。
でも、シンフォニーを使ってもらってダイスを全て除外したPCのみにボーナスが行くのは理解できない。
他人に手伝ってもらって、なぜに一人だけなのか。なんで手伝ったPCにボーナスがないのか。
ボーナスといっても1d6人ファンが増えるだけなのに。
PC達はユニット活動してるんじゃないの?

プレイ中の問題点は以上で、プレイ外の問題点を書きましょう。
PCは獲得ファン数でランクが上がるのですが、ここの獲得ファン数は個人で稼いだファン数です。
なので、出目によってPC間で差が出来ます。。
ここにも問題があり、合計ファン数が一定数を超えるとファンの獲得係数が増えます。
初期レベルだとファン獲得の出目×1なのですが、合計獲得ファン数が100人超えるとファン獲得の出目×10になります。
1と10の間はありません。
今回3シナリオ遊んだのですが、3シナリオ終了時点で、5人中2人が×1のままでした。
これだけ差が出来てしまうと、目的ファン数を設定しづらくなるので、GMはシナリオ作成に頭を抱えるでしょう。
×1基準で作ると、×10のPC達がすぐに達成してしまう。×10基準で作ると×1のPC達の存在価値が無くなってしまう。
なんで、×2とか徐々に増やさなかったんだろうか。脳みその代わりに糞でも詰まっているのか。

さらにこのゲーム、PCのランクによってシナリオ参加回数が決まっています。
どういうことかと言うと、決められたシナリオ数の間にランクアップしないと引退させられます。強制キャラロストです。
さて、上にも書いてある通り、PC間で差ができるので、あるPCだけが引退ということがあり得ます。
PC全員でユニット活動しているのに。
これがAKBを意識して作っているなら理解できなくもありません。
しかし、仕事表の種類に、大手プロダクション仕事表や弱小プロダクション仕事表に混じって、学校の部活仕事表があります。
つまりスクールアイドル、ラブライブを意識して作られているのは確かなんですね。
μ´sは9人そろってμ´sなんですよ!
誰か一人だけ抜けるなんてありえないでしょ?
ユニット全体で目標に届かなかったのなら仕方ないでしょう。しかし、一人だけが出目のせいで引退なんて目も当てられない。
何度も言うが、PC達はユニット活動をしているのではないのか。
そうでなければ、なぜシナリオの達成条件がPC全員の獲得ファン数にしたのか。

他にも色々あったような気がするが、忘れた様な気がする。忘れたい。

結局のところ、PvPにしたいのか、協力プレイさせたいのか、ハッキリさせなかったツケが全て問題点に現れているように思える。
時流に合わせて出したかったのだと思うが、いくらなんでも突貫作業で作りすぎだろう。
正直、まよキンを下地にして事務所を大きくしていくゲームを作った方が遥かに面白かっただろうに。

総評としては、買うな。どうしても買いたいなら、FAQやエラッタが充実してからにしろ。

以上、感想でした。
かなり感情的に書いたので、読みにくい所とかあると思いますが、ご容赦ください。








あ、このゲームにも良い所が一つだけありました。
プレイ後、如何にお金と時間というものが貴重かということを身に染みて分かりますよ!


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビギニングアイドル遊んだよ! HIGHER GROUND und こいぬミキサー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる